文章を書いて思うこと



[toc]




色んな文章を書いて思うこと


藤野紫菊です。

毎回タイトルを考えるのに苦労しますが、凝ったタイトルつけても仕方ないのかなと諦めてシンプルになりつつあります。

色々と文章を書いてみました。


  • 自分の過去のこと
  • 好きなこと
  • 読書感想
  • 勉強していること
  • アフリィエイト記事みたいなの
  • どうでもいい話

など書きました。どれが反応良かったかというと。

どうでもいい話と過去の話。

これどういうことなんだろうって思いましたよ。過去の話は人に話しても受けが良かったので多少は反応あると思いますが、どうでもいい話は本当にどうでもいい話なんで。頭を傾げています。

読書感想は本の話ですので、興味ない人には響かないでしょうと思っていました。

そもそも自分のアウトプットのために書いているもの。それはあんまりかなと思うので「読んで自分が良かったな」って思える本だけにしていきたいと考える。

たまに皮肉で違う本のことも書きますが、ご愛敬です。




これからのブログの路線をどうするか


どうもこうも今のままなんです。 好きな本を読んで、好きな言葉を書いて公序良俗に反することはしない。これだけです。

過去の話も整理するために書くのも楽しいので書けるときに書きます。

読書感想も、日々思ったことを綴るものその瞬間の時代で感じることをかけるのはブログのいいところ。

誰もにも媚びず人の目を気にしないで書く文章って気持ちいいです。




Twitterの世界を見てると


ブロガーって沢山いるんですね。沢山の人が始めましたって呟いているのを見ると、自分の言葉で語りたい人は私だけじゃないんだなって感じます。

私はあまり人のブログをしょっちゅう行かないですが、興味が惹かれたら読みに行きます。色んなブログあるんでね。

多くの人は「ブログで稼ぐぞ!!」って感じに見えますが、私も一応そのひとりでした。

力は入っていませんが、自分に合ったやり方形で収入だせるように日々更新しております。

そんな思いやら、色んな意味を込めて「晴耕雨読 seikoudoku」と名付けました。




目的を忘れそうになりますが


Twitterをいい意味で楽しんでいますね。 マイペースで呟いて好きな人と絡んで、無理せず気にせず活動。

よく、Twitter嫌になるっていう人いますけど、どこか無理しているんだろうなって、頑張っているんだろうなって察してしまう。

多分、その人なりの目標とか数字とかあるんだと思いますが、結果に首を絞められていたら死んじゃうので出来ない時なりの自分の受け止め方を確り作っておくことがいいかと考えます。

自分みたいにいい加減で不真面目な人間に言われても嬉しくないかもしれないけど。

真面目過ぎて、命を絶つ人を見ている自分にしたら。死ぬぐらいなら不真面目でいいから生きてほしいなって考える人間です。

簡単な話、楽しんで細かいことは気にしないがコツ。




今回もまとまりがないけど


私のお話を聞いてくれてありがとうございます。

私の頭で考えた文章をどんな気持ちで読んでくれているかわからないけど。読んであなたの時間をくれて嬉しいです。

明日も有限な時間を使って私は生きていきます。







返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です