食事と生き方

今日は、かなりの時間を睡眠に充てていた。気遣いで神経が昂っていたのか、夜中の十一時半過ぎまで寝付けず。

起きたら、昼の十一時になっていた。私の睡眠時間の長さには呆れてしまうが、疲れた日は長くなってしまう。

家族は私の体質を慣れ切っていて、起こすことさえもしない。過去に無理に起こして私の荒れっぷりが酷かったのも効いているのかもしれない。

私は良く夢を見る。まぁまぁ滑稽な夢を見る。それを主人に話すことが日課になっている。自分なりの記憶の定着を諮っている。答えようがないけど、変わっているよねが主人の意見。

私としたら、折角の夢で変な設定だと小説見たいに書けないかと考えてしまう。

完全に夢だけで起きたことを話にしてしまうと、辻褄が合わなかったり面白味に欠けるのでその辺は着色をつけて整えようかなって思う。

忘れないうちに人に話す行為はとても役に立ちます。

夢の中で起きたことを軸にしてお話を書けるのも楽しいことなのではと思える。

話が変わるが、主人は大学生の時に小説を書いていたと、恥ずかしながら言っていた。

まるで、黒歴史だと言わんばかりに。 私は小説を書くことが恥ずかしいとも思わない。詩も。

ただ、未熟な文章だと、見られるのは恥ずかしいのはわかる。書くこと自体が恥ずかしいとも微塵と思わない。

小説を書き続けていた人が小説家になれるのだろうと思う時がある。小説を書き上げるのは本当にエネルギーをつかう。

私に必要なのは、小説を書き上げる力しかない。詩も然り。

毎日、本を読んで経験の中から感情を拾い上げて、様々な文章にして書き上げる。幸せと不幸の間にいる感覚さえある。

この思考の端には、今日の晩御飯を冷蔵後の材料と相談して何を作ろうかと同時思考をしている自分はとても滑稽だと思う。

毎日の人生の質をどうしたら上げれるか?

満足できる人生をどうしたらできるか?

基本的な衣食住が満ちている。生活を上げる行為はお金を稼ぐだけじゃ満ち足りることは難しい。

質素な食事、自由な時間、ストレスがかからない生活、持ち物にお金をかけなくても満足すること。

無意味な人間関係に固執しない。友達が多いことが幸せとは思えない。

人生で成功することが意味あるのか? 私は無いと思う。

成功する意味には同時進行に自分が達成したい目的が無いと人は自滅してしまう生き物。

私にはその目的がないので、Twitterでフォロワーを増やすことに意味は無いという答えに行きついた。

お金を稼ぐことも然り。生活できる分だけ稼げたら本当に要らない。

美味しいものを食べて(飽食でなく、本質的に)自由に時間を使える、ストレスと縁がない生活。

これが一番の贅沢な生き方だと行きついた。 超絶なお金持ちになりたくない。物に溢れる生活はしたくない。 好きな人(心を許せる人)の傍に要られるだけでいい。

このブログも何の意味があるの?って聞かれたら

「好きなことしかしていない」

これに尽きます。

毎日、食べたいものは自分が食べたい和食が一番だなって思う日です。

食べたい食事をして、エネルギーを貯め小説を書き上げないと。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です