懐かしの味 とんぶり

 何の話題で思い出したか忘れたが、急にとんぶりが食べたくなった。とんぶりとは秋田県大館市の特産品で現在はここしか作られていないらしい。今では通販でお取り寄せが出来るので届いた商品の中にとんぶりについて書いてある冊子を読んでいる。

 ホウキギの実を食用する習慣があり、昭和四十八年にとんぶり化工場が出来て全国に流通したとガイドブックに書いてあった。このタイミングで私は子供の頃に能登でとんぶりを食べる機会があったと推測する。新しいものが好きな母親は早速買ってきて私に食べさせる。私は素直に食べて、美味しいとなって好物になったのだ。

 ずっと忘れていた記憶が急に思い出してお取り寄せになったのは主人がとんぶりを知らないと言う。こんなに美味しいものを知らないとは不幸せだと勝手に思う私は取り寄せた。「畑のキャビア」というキャッチコピーは今でも現役に使われていて私の記憶力が確かだったと安心する。

 真空パックに入っているイメージが強かったが瓶タイプがあったのでそれを迷わず買ってみた。冷蔵庫に入れておく時に楽だなって単純な理由で。見た目はとても美味しそうに見えないかもしれない。こういう類を嫌いな人もいるのはわかるが、でも畑のキャビアなんだから仕方ないと思えば食べれると私は思う。

 物凄く勝手な考え方だけど好きな人間はこんな感じに無理やり人に勧めてくるものだと。主人もいい経験だと思って一口だけ食べて決めて欲しい。駄目なら駄目で構わない。私が美味しく全部いただくから余る問題は無い。

 一緒についていた冊子のお陰で栄養価についても初めて知ることになった。とんぶりは炭水化物とたんぱく質が多いから他の野菜と比べてカロリーが少し高めらしい。

 その他の栄養素は、ビタミンA(βカロテン)、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンK、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、マンガン、リン、鉄、銅、亜鉛、食物繊維。

書きながら私は驚いた、とんぶりにこんなに栄養素があったとは。ちょこちょこ食べた方がいいぐらいに沢山の栄養素。子供の頃は知らずに食べていたんだなと食べさせてくれた母親に感謝してみた。

 読み進めていくと、私の知らないとんぶりの事がまだ書かれている。古来より中国では(ぢふし)と呼ばれる漢方薬だと言う。

 効果は利尿作用と強壮作用に優れるという。身体の弱い私にはピッタリの食材になる。そしてサポニンも果実に含まれている、脂質の代謝を促進してコレステロールの吸収と血糖値上昇をおさえる作用があり糖尿病の予防と改善にも効果がある。

 良いこと尽くめに聞こえてくるのは私だけなのだろうか。騙されているみたいな感覚になってきた。

 食べ方としたら、そのまま火を通さず合えたりサラダにかけたり、冷ややっこに乗せたりとシンプルに自由に食べれる。私が好きな食べ方は卵かけご飯に一緒に混ぜる食べ方。ずっとこの方法でしか食べていない。

 子供の頃は食べれた、とんぶりはいつの間にか地元のスーパーから消え、たまに見かけたら必ず買う感じに変わっていた。今はお取り寄せ専門になってしまったのかもしれない。

 届いたから今日はご飯を炊いて玉子かけご飯に混ぜて美味しくいただくのだ。そして娘は私の食べているものに興味を示したら一口食べさせてやるんだ。間違いなく虜になって好物になる筈だから。

 私はそのまま食べることはお勧めしない。味がしないと思うし独特の風味があっ気がした。ドレッシングか和え物の食感トッピングとして食べて欲しい。

 プチプチがたまらない。お取り寄せしたいのであれば、JAタウンで買うことがいい。生産しているJAが出来立てを送ってくれる。Amazonでもあるがその辺がないので私は買うのをやめた。

 栄養素もあるし、ダイエット向きしかもプチプチ食感。こうやって食べ物の好みはい親から子へ遺伝するのかとしみじみと感じている。冷ややっことサラダにもかけてみようかな。くだらないことだけど楽しみが増える。だから美味しいもの探しは止めれない。美食もいいけど素朴な食べ物が一番好きだ。

大館とんぶり (瓶詰) 170g×3個 令和2年産 (JAあきた北)

https://www.ja-town.com/shop/g/g2301-1027081803/

AmazonでJAあきた北の販売も見つけたので一緒に

お勧め記事

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です