痩せる思い

  女はいくつになっても、美しくいたいし若々しさを保ちたいもの、私はその考えの一人です。自粛生活で増えてしまった体脂肪と体重に向かい合う日が来ました。色々と方法論は試したが、やはり王道に戻るしかないのかと決断に至る。どんな楽なダイエットよりも苦行が一番の効果があると言うことだ。

 それでも私は根っからの文学タイプの人間でアスリートみたいに運動をすれば、瞬く間に挫折をする。それが毎日、一時間バイクに乗って運動することであっても、汗をかくこと息切れをすることが本当に嫌だ。頑張って三カ月はしてみた。食事もそれなりにバランス良くしてたしお菓子も食べてないのに、効果は無し。逆に疲れてお腹が空いてご飯を食べ過ぎていたようにも感じる。体脂肪も体重も綺麗に維持していた。

 今年に入り、クエン酸やら重曹やら健康に良さげなこともしていたが、やっぱり痩せたい。土曜日には主人のスィーツ攻撃もあるのでそれを食べても痩せたい。「あすけん」というレコーディングダイエットに最適なアプリを導入した。AIの栄養士が一日の食事バランスとカロリーを見てアドバイスをくれるのは私には目から鱗だった。そう私は食べ過ぎていた。恐ろしい、長年嫁入り先の食生活に身も心も毒されていた。どうりで嫁入り前の体脂肪も体重も戻らないわけだ。

 いきなり食事を減らすのは空腹と戦うリスクがあるので少しずつ食事を制限していく、三カ月はかかった。七月の中頃から一日一食にしてさらに制限をかけるが、日中の空腹になれるために砂糖なしのカフェオレで耐えた、これは意外と効果があった。それでも少しずつは減ってきて二キロは減っていた。私は無類の米好きとスィーツ好き。夏場のかき氷は目が無い。これを食べる状態でダイエットを達成するのが私の目標。ワガママだと言う声が聞こえそうだがその通り。女という生き物はそういうもの。

 一日一食も慣れてきたころに、次の段階に入る、日中を水だけにする。これは勇気がいる行為だが八月一日からチャレンジする。そして苦手な「水を一日に二リットルを飲む」に挑戦。これは記録がいると思い。「断食トラッカー」というアプリを使った。これは何時間断食したか、水をどれだけ飲んだか記録が出来て時間ごとに水を飲むように通知する機能もある。これが凄く役に立った。どれだけ水を飲んでいるか簡単に記録と目安がついて今のところ毎日二リットル近くは飲んでいる。

 毎日水を飲むようになって身体に変化が出てきた。肩こりの軽減、浮腫みが減り、寝起きが楽になってきた。そして身体が暖かく感じるように。夏は台風の季節で気圧が上がったり下がったりする時期、その影響で私は吐き気や頭痛で寝込むことが多かったし、少しの気圧の変化でも頭痛がするぐらい敏感だったが水を飲むようになってから、痛みや吐き気が軽減されていることに驚いた。これは続けるしかなさそうな予感しかしない。

 明日には週一の断食日を設けることにした。完全に丸一日食べない日にする。様子を見て二日間にしようか考えている。今なら完全断食も出来そうな自信がある。主人の邪魔が入るがそれも一日一食でカバーして尚且つ断食日を設けることでさらに減量を進めたい。まだまだ皮下脂肪と体重には余裕があるんだ、問題ない。運動嫌いの私のためにプールで運動を週二回することに決める、大義名分は娘の泳ぎの練習だ。

 先月まで娘の水泳の習い事をしていたが、中々泳げない娘はクラスが上がれず周りに小学一年生しかいないことが嫌だという。確かに娘のプライドを考えたら厳しいなあと同情する。それならば、お父さんとお母さんとプールに行こうって話にしといた。私も水泳歩行できるし一石二鳥。主人に来て欲しいと娘が言うので三人で行くことにした。相変わらずなお父さん大好きっ子め。

 前に来ていた競泳水着を着てみると、パツパツ感が半端なくこれは一緒にいる家族まで迷惑をかけてしまうのでそっと衣服入れにしまった。痩せた時に素敵な競泳水着姿を披露しようという野望共に。セパレートタイプの大きめサイズを探したら手頃な値段で即買いをする、明日には届くという。恐ろしく早いAmazon。

 何はともあれ、私の若返り計画は始まったばかり、胸と尻を残して痩せることは可能か、いや可能にしない文句を垂れる家族二人と友人一人がいる。女としての自尊心を保つため楽しく毎日を過ごし美味しいものを食べる日々を確立するために私の努力は続く。

 いくつなっても、女は女である。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です