美味しいパンと息抜き

 コロナで自粛生活が長くなるとたまに息抜きでお出かけしたくなります。しかし金沢の中心部は避けたい、主人がわざわざ金沢のお目当てのパン屋を梯子してくると宣言したので

「ついていく」

「え、くるの」

「嫌そうだね」

「そうじゃないよ、事務所大丈夫かなって確認してくるね」

「…大丈夫だって」

「やっぱり、ひとりでいきたそうじゃないか」

 こんなやり取りしながらも、今回だけ息抜きで行かせて欲しいとおねだりして私のマイカーを運転させる。良いパン屋だったらひとりで毎週通ってもいいからと、ご褒美付きで。

 最近、夫婦で流行っているのは水を毎日2リットルを飲むこと。私は八月頭から初めているので問題なく飲めてるし効果が出ている。主人はそんな私の効果を見て一週間前に始めた初心者だ。勿論1.5リットルでヒイヒイいってる。しかし、そんな状態でも飲むのは止めない。少なからず効果を身体で感じているらしく早く私の領域に達したいと思っている。なので、出発したなりにコンビニに入り二人用のミネラルウォーターを買ってドライブ。

 能登の片田舎から、金沢の郊外までいくので軽く40分は超えるが、金沢でお買い物が大好きな夫婦は全然平気、むしろ事務所から急に帰らないといけなくなるような電話が一番怖かったりする。何を話していたかも忘れるぐらいどうでもいい話をしながらも水をチビチビ飲んでいる風景は、生活習慣病を患っているみたいだが、そうならないための健康的な習慣としての努力。酒もタバコもやらない二人がハマっていることは「健康」でもある。

 いよいよ、本日のお目当てのパン屋が見えてきた。先週に行ったときにはお目当てのクロワッサンとショコラクロワッサンがなくて違うパンを買ってきた。その時、堅いバケットに切り込みいれて塩っけの強めの生ハムに野菜とバジルとオリーブオイルが香るサンドイッチが滅茶苦茶美味しかった。入れ歯や歯が弱い方はお勧めしない。堅いバケットが少なくなってしまい、日本人だが堅いバケット大好きなふたりは「これがバケットだ」と感激して褒め合った。その感動したパン屋に私もついていったが

「あら、休みなの……」

 主人が消沈した声で呟いている。どうしても固いバケットがとクロワッサンが食べたかったのだろう。定休日もキチンと調べ上げたうえでの出陣だったのにも関わらずに休んでいた。ハイセンスなパン屋にやよくあることだと主人を慰めて次に行く。

写真は前回買ってきた堅いバケットと生ハムのサンドイッチ美味しさで唸ったが今回は残念。

NiOR(ニオール) こちらの情報はInstagramで見ていただけるとわかるがハイセンスで、いずれ来店チャンスを狙います。

 二つ目のパン屋は金沢の郊外の小さな小さなパン屋さんですが、入った瞬間に大当たりと感じた。パンを見て香りを嗅いだら大抵は当たりが分ると思うのですが(それは私だけでしょうか)ここは小さな店ながらにして最初のファーストインプレッションで、通いパン屋を確定しました。

「いいね、良い香りするね。これは良いね」

「そう、しーちゃんそう思うんだね」

 完全に堕ちた私は迷いなく主人に。

「バケットあるやん、バケット買おう。クロワッサンもあるし ハムクロワッサンもあるやん。お義母さんはクリームパン好きやしそれも」

「はい、はい、これね、はい」

 どっちが嫁さんが分らない位に私が主人を指示して、嬉しそうにいそいそと優しくパンを掴んでトレイに載せる主人。久しぶりに私の花丸を貰って嬉しいのだろう。お店の人から見たら滑稽だと思うがこれで夫婦が成り立っている。私が決断して決めると主人の嬉しそうに買う姿が相変わらずというかいつもの光景。

「いや、帰ったら楽しみだね。たべるの このクロワッサンは繊細だね。サクサクが凄そうだ。バターもいい香りだ」

「きてよかったぁ、しーちゃんに認めてもらうのが、めっちゃ嬉しい、だって海原雄山だもん」

  いつもこの言葉で弄られる。私の美食にたいする厳しさを海原雄山で表現する方法は一体どの世代まで通じるのか聞きたいぐらいだ。因みに好きな本は北大路魯山人の「魯山人味道」です。凄く勉強になる本でした。でも私の世代は大体の美味しいものの知識は「美味しいぼ」から教えてもらったものが多いと思う。好きな漫画は「クッキングパパ」です。

見てください、堅そうなバケット、私はこれが好き。

 ヨーロッパでは伝統的な堅いバケットが消滅寸前なので保護する動きがあるそうです。私も日本で残して欲しい。きしめんも同じように消滅の危機で寂しいです。フランスでは柔らかいバケットが段々と主流になっていると聞きました。

お義母さんに買ってきたクリームパン。本当は私が食べたかった。私もクリームパンは好きなんです。

こちらは名前を忘れたが見た目で買ってしまった。クリームクロワッサン

サクサクとした雰囲気とクリームが美味しそうです。うう。

こちらは、主人が好きそうなので、ハムクロワッサンを買いました。味見だけさせてもらいます。

 こちらがお目当てのクロワッサンです。強くつかむと壊れそうな位にサクサクとして繊細なクロワッサンです。今夜の主食になります。

 実際に食べてみると表面はサクッとしているけど中はしっとりふんわりしてて端っこの耳というか尖がっている所はサクサクとバターが香って美味しい。これいいねぇ。色んなレモンクリームやハムクロワッサンとかあったが、基本のクロワッサンが一番好きです。それとバケット、これは表面が堅く中は程よく軟かかで今の流行りの柔らかさでなくて好き。人が殺せるほどのカチンコチンのバケットでもなく、素朴な味わいです。癖も無く。バター縫っても手作りジャム塗っても、カカオ風味が強い溶かしたチョコに着けても美味しくいただけました。これも買いに行ったら必ず買おうと思う。

 どんなに小麦粉は身体に良くないと言われても、毎日じゃないけど週一には食べたい。週一でも多いなら月一にも食べたいのが美味しいパンだと思うのです。美味しいパン好きは片道40分車に乗っても美味しいパン屋に通います。それは大好きな女の子に会いに行くような。お目当ての男子に会いに行くような片思いに近いと思います。

運が良ければ、お目当てのパンが買えて悪かったら急に休んでたりするもの。振り回されても人間は美味しいものが大好きな罪深き生き物だと私は感じます。

二つ目のパン屋情報は

パン工房バビロン 情報はwebをリンクしてありますので、興味ある方は見てね。

 主人とルンルンになって帰ってきました。今日の晩御飯は決まりました。ご飯は炊かずに主食はパンです。おかずは鰯の梅干し煮つけと鯖缶ですけどね。

このパンまた食べたいなあ、美味しいものを食べるために歯の健康は気を遣います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です