ここ数か月の報告(10月~12月)

お久しぶりです。11月からの更新から出来ていませんでした。

ヒーリングのセルフケアコースの授業を進めるうちにヒーリングが進むというか、デトックス、浄化というべきなのか短期間で一気に変わりすぎて追いついていない状態です。

明日も5回目の授業を受けるのですが早いもので後、数回になりました。

知識の勉強もそうですが、ワークを進めて行く上で直ぐに先生に質問が出来たりするのは有難く。本だけで独学とは大違い。

師範を持つ重要性が身にヒシヒシと感じています。

私は月の満ち欠けの知識も余り無く、新月と満月に起こる影響すらもわかっていなくて

今まで、影響あったのも何でだろう~って流していたかもしれません。

夏至や冬至の知識も薄く、このタイミングでスクール申し込むのは物凄い濃いですよと先生に言われるまで、わからない自分でした。

いまだに、大変なのか実感が沸いていませんが。

12月に入って直ぐに新月を迎える前に、怒涛な勢いで事柄が進んでいます。

私の行動力や気力、自信とか全てのパラメータがアップしているのは間違いなく。

こんなに予定いれても大丈夫なのかと思うぐらいに入っています。

それもこれも、1年前から、紹介してもらった師範のヒーリングを受けて1年後の2回目のヒーリングを受けた後ぐらいからスクールに通うと決めた後からの物凄い勢い。

今年の9月の後半から勢いが止まりません。

感謝しかないです。

自分の性格を思い出すような、それぐらいに元気になっています。

もう少しで、セルフケアの勉強は終わりますが、続けてセラピストコースも申し込みしたいと思うようになりました。

私の勉強は始まったばかりですが、身体を鍛えたり、一人で遠出してみたりとワクワクすることしかしていません。

私の母親は今年の5月にガンの再発の報告をうけターミナルケアをお願いしましたが、不思議と夏から腫瘍マーカーの数値は止まり、痛みも苦しむことも無く施設でのんびりと暮らしています。

↓5月にターミナルケアを決断したお話を書いてあります。

12月5日に面会にいきましたが、元気そうで嬉しくなりました。

10月には先生に母親のヒーリングをお願いして、痛みと苦しみが無いよう母親にとって一番いい形になりますようにとお願いしたもの良かったのかなと。

寿命なら寿命で構わない、せめて痛みや苦しみから解放してほしい、そんな気持ちでお願いしたヒーリングでした。

私もヒーラーの仕事がしたいなと思う出来事のひとつです。

今は、自分自身を癒すことに集中して回復していきたいと思います。

願いは必ず叶うと私は信じます。

あっ、お肉が12月に入ってから少しずつ食べれるようになりました。

めっちゃ嬉しいです。 お肉好きだから、でも大食いは出来なさそうなので控え目に食べます。

今日のお昼はトンカツ定食です。

完食しました。

ちょくちょくいく食堂で落ち着くんです。

暫くはお肉は要らないですが、この調子なら焼肉が食べれるほど復活しそうです。

その間にウオーキングとトレーニングして身体を鍛えなければ

強い精神は強い肉体に宿ると 何処かで聞いたことがあります。

ご飯が美味しいのは幸せです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です